責任実習

4月から研修に来ている現場研修生(本短期大学保育専攻1年生)が
「責任実習」(研修生が担任保育者になったつもりで
クラス活動の運営を体験するもの)をしました。


今まで、ハサミやのり、クレヨンなどを使ってきた経験を生かしながら
製作をしたり、つくったもので遊んだりした赤組(年少)さん。


「劇あそび」や「素材についての探究」など
これまでの活動を思い出しながら
お話の登場人物を描いたり
お話を考えて絵本をつくったり
発砲スチロールで飛行機をつくって飛ばしあったり
していた黄組(年中)さん。


「いつ、どこで、だれが、なにをしたゲーム」や
ひらがなが書かれたカードを組み合わせて言葉をつくるゲームなど
「言葉」にちなんだゲームをした青組(年長)さん。

どのクラスも、今までの活動を振り返ったり取り入れたりしながら
楽しい時間を過ごすことができたようです。







このブログの人気の投稿

植物の観察

おすもう

1学期始業日