給食運営実習

今月からクッキングハウスには
実習生(本短期大学食物栄養科1年生)が来ています。
12月までの3ヶ月の間、8つの班に分かれて
5日間ずつ実習に入る予定です。

実習生たちは、たくさんの野菜を切ったり
できあがったものを、各クラスの食缶に分ける「配缶」をしたり
給食をのせたワゴンの確認をしたりしています。
保育室では、配膳をしたり
一緒に給食を食べたりして
子どもたちとも関わっています。
食育活動にも挑戦。
その日の食材に関する話題や
食事のマナーについてなど
自分たちが考えた内容を
パネルを使ったりクイズ形式にしたりして
子どもたちに話してくれています。

今日はサラダに入っていた枝豆にちなんで
大豆の話をしてくれたり
「“いただきます”は食べ物への感謝の気持ち、
“ごちそうさま”は、農家の人や作ってくれた人など
食べ物に関わってくれた人への感謝の気持ちを表す挨拶なんだよ」
と教えてくれたりしました。
子どもたちへの接し方や食育への取り組み方など
最初は戸惑う姿もみられましたが
日を追うごとに慣れてきた様子。
子どもたちも、好きな食べ物の話を嬉しそうにしたり
「これ全部食べたよ!」と苦手なものに挑戦したり
実習生とのふれあいを楽しみながら
給食の時間を過ごしているようです。

このブログの人気の投稿

植物の観察

おすもう

1学期始業日