安心できる場所、好きなこと

PYP探究ユニット「最初の一歩」をすすめている赤組(3歳児)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
6週間かけて探究していくなかで
「私たちは、新しい環境の中でも、安心できる場所、
好きなことを見つけることができる」
ということを、実感を伴って理解していってほしいと思って取り組んでいます。

これまで幼稚園の中を探検したり
遊具の遊び方を確認したりしてきて
色々な場所で遊ぶようになってきた赤組(3歳児)さん。
先日は、お友達が持ってきてくれた「ミニひまわり」の種を植えたりもしました。
そんな子どもたちに、
もっと幼稚園のことを知ってほしい、と
「とーんぼ、とんぼ!のぼり棒にとんぼ!」
「エノキのおうちにとんぼ!」
「クスノキにとんぼ!」
と、保育者のかけごえに合わせて
遊具や園庭の木など色々な場所にタッチする遊びをしてみました。
そして、その場所の楽しいところ、好きなところを探し
砂場では「(砂が)サラサラしているね」「お山をつくるの楽しいね」
パーゴラの下では「ここにはダンゴムシがいるんだよ!」「アリもいるよ」
と会話をはずませていました。
降園の時には、「今日楽しかったところはどこかな?」と問いかけ
子どもたちのマークがついたマグネットを貼ってみることも始めました。
「今日はブランコが楽しかった!」
「グリーンデッキで滑り台すべったよ」
「ここ(パーゴラ)が好き!お母さんがお迎えに来てくれるから!」
と、日ごとに楽しかった場所が変わり
色々な場所で楽しく過ごせているようです。

このブログの人気の投稿

植物の観察

保育参観

おすもう