修園旅行

 今日は、青組(5歳児)さんの修園旅行。
「曽根丘陵公園」へ行き、
「きらきらするもの」「音のするもの」「匂いのするもの」「ふわふわするもの」など
いろいろな視点で自然物を見たり探したりながら散策を行いました

 まずは、時間差をつけてクラスごとに出発。


葉っぱがTシャツの形に似ているユリノキ、木の幹がツルツルしているサルスベリ、
色づき始めているモミジやイチョウ、5月に実を収穫させていただいたウメなど
いろいろな木々を見ながら、このあとのゲームに向けて葉っぱも集めていた子どもたち。
木々によって葉っぱの形や色が違うことや
前回来たときにはたくさん実をつけていたウメの木が葉っぱも実もなくなっていることに気づいたり
イチョウの木にはオスとメスがあり、メスの木にギンナンができることを知ったりしながら
進んでいきました。

やがて銚子塚古墳に到着し、みんなで頂上へ・・・

幼稚園がある方向に向かって「やっほー!!!!!」と親子一緒に声を合わせると
みんなとても気持ちよさそうでした。

古墳から下りてきたら、さきほど集めた葉っぱを使って「葉っぱジャンケン」。
「大きい葉っぱ」「丸い葉っぱ」「細い葉っぱ」など出されるテーマに合うものを
自分が集めた葉っぱの中から探して友達と出し合いました。
お互いの葉っぱをじっくり見たり比べたり、「その葉っぱいいね」「そんな葉っぱあったんだ!」と話したりして
盛り上がっていた子どもたちです。

その後、自由な散策タイム。
お友達との散策や、気づいたことや見つけたことを
お友達同士で伝えあうことも楽しんでいたようです。


そしてもう一度集まり、今日のために用意した袋の中に
「自分たちが素敵だと思ったもの」を詰めていきました。
思い思いに詰めた袋の中身を友達と見せ合う姿も。

今日は公園に詳しい考古博物館の方も一緒に散策してくださり、
クルミ、トチの実、クズのつる、サワタケというキノコなど
子どもたちが見つけられなかったものをたくさん紹介してくれました。

最後はみんなで「あいうえおにぎり」のダンス。
親子で楽しそうにふれあう姿がとても印象的でした。


朝から天候が心配されましたが、雨が降ることはなく、無事に終えることができました。
保護者の皆様には、ご協力いただきありがとうございました。

このブログの人気の投稿

着衣泳教室

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー