投稿

運動会を終えて

イメージ
 国際バカロレアPYP探究ユニット「みんなで表現しよう」をすすめてきた青組(5歳児)さん。(このユニットについては こちら をご覧ください) 4週間かけて探究していくなかで「ビジュアルイメージ(視覚的に表されているもの)はメッセージを伝える」ということを、実感を伴って理解していってほしいと思って取り組んできました。 運動会を終えて、たくさんの人から 「青組さん、とっても上手だったよ」「みんなで頑張ったね」などと、声をかけてもらい、とても嬉しそうにしていた子どもたち。 みんなで心を一つに頑張ったことが自信につながり、ひとまわり成長したようです。 今週は、「運動会で楽しかったことや心に残ったこと」を、いつでも思い出せるように、また、言葉以外の方法でも周りの人に伝えられるように絵で表現することに。 「パラバルーンのバスケットが楽しかった」「(応援の)旗を振ってくれたのが嬉しかった」 「しっぽとり、またしたいね」 など、会話を弾ませながら、楽しそうに描いていました。 「バトン持ってないとリレーって伝わらないよ!」「真剣に頑張ったから顔も笑ってないようにしよう」 「本番は家族もいたから描こうかな」 「涙が出るくらいステキだった、って(おうちの方が)言ってくれたから、涙も描こう!」 と、体の動きや表情、服装の描き方を意識したり、当日来てくださったおうちの方の姿を描いたりして 自分が表現したいと思ったことが伝わるように工夫を重ね、素敵な作品になりました。 出来上がった絵の発表もして、 自分の表現したかったことが伝わると嬉しそうにしていた子どもたちです。 今年の運動会では、頑張っている人を応援する気持ちや東京オリンピック・パラリンピックの競技を、 体の動きやパラバルーンで表見しようと考え、応援する気持ちを込めてボールのデザインもしました。  「ポートフォリオ(探究するなかで学んできたことを振り返る記録)」づくりでは 自分が表現した「頑張る人を応援するポーズ」や、パラバルーンの演技のなかで表現した「競技のポーズ」を写真で振り返り 「○○ちゃん、本当にテニスしてるみたい」「サッカーのシュートを打ってるみたいにキックしたよ」と、 写真をお友達と見せ合う姿も。 子どもたちはこの探究活動を通じて、メッセージを伝えるには、いろいろな表現方法があることを実感することができたようです。

もも組運動会

イメージ
 今日はもも組(満3歳児・2歳児)の運動会。 全員出席でこの日を迎えることができました。 まずはピアノの音に合わせて体を動かして準備体操をしてから 親子でかけっこ。 おうちの方が先に走り、ゴールで待っているところへ、子どもたちが「ようい、どん!」。 一生懸命走っていました。 続いて、フープを色々なものに見立てて親子競技。 子どもたちがフープの中に入って電車になったり、 フープを車のハンドル代わりに持ち、おうちの方の足の上に乗って進んだり ロケットに変身した子どもたちが、鈴のついたお星さまをタッチしてロケット発射台(フープ)に戻ってきたり・・・ そして最後は親子でダンス。 歌に出てくる動物のお面をつけて、親子で一緒に踊りました。 会場にはもも組(満3歳児・2歳児)さんがつくった旗や、 青組(5歳児)さんが応援の気持ちをこめてつくってくれた看板も飾られ いつもとは違った雰囲気のなかで おうちの方と一緒に楽しそうに体を動かしていた子どもたち。 今日は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、 2グループに分けた開催、参加人数の制限等の対策をさせていただきました。 保護者の皆様にはご理解ご協力いただき、ありがとうございました。

黄組ミニ運動会

イメージ
 今日はあいにくのお天気でしたが、 黄組(4歳児)さんがスカイホールでミニ運動会をしました。 まず始めは「綱引き」に挑戦。 子どもたちはとても楽しそうに、力いっぱい綱を引っ張っていました。 次は玉入れ競争! 「ようい、スタート!」の合図でカゴに向かって駆け出して たくさん投げられるように、素早く玉を拾おうとしたり、 カゴに近づいて玉を入れようとしたりと、みんな一生懸命。 どちらの競技もクラス対抗で行い、応援し合ったり、勝敗に一喜一憂したりしながら、大盛り上がりでした。 みんなが大好きなダンスもしました。 空間を上手に使いながら動き、「空手!」「アーチェリー」「ホームラン!!」などのかけ声も元気いっぱい。 最後には、自然と大きな円が出来上がり 「わー!きれい!」「大きな丸ができたね」と喜びの声があがっていました。 こうして、子どもたちはたくさん体を動かして 「あー、楽しかった!」「今度はお外でリレーもやりたい!」と楽しんでいた様子。 いつにも増して賑やかな1日となりました。

赤組ミニ運動会

イメージ
 国際バカロレアPYP探究ユニット「運動会」をすすめてきた赤組(3歳児)さん。 (このユニットについては こちら をご覧ください) 5週間かけて探究していくなかで「さまざまな方法を使って自分を表現し、人々に伝えている」ということを、実感を伴って理解していってほしいと思って取り組んできました。 運動会の絵を描きながら、「運動会楽しかったねー!」「『魔法のクレヨン』のバランスポーズをがんばったんだよ!」「ビデオで、『もう一回!もう一回!』って何回も見てるよ!」と、友達との会話を弾ませていた子どもたち。 「YGKウォームアップが好き!!」「金メダルが嬉しかった!」と、楽しそうに描いていました。 そして、今日はみんなで「ミニ運動会」。 「YGKウォームアップ」で準備体操をしてから、青組(5歳児)さんがやっていたリレーや 玉入れ、 綱引きなど、今までとは違った競技にチャレンジしてみました。 はりきって体を動かしたり、「がんばれー!」と応援したりして盛り上がり、 いきいきとした表情や笑顔をたくさんみせてくれた赤組(3歳児)さん。 「運動会」の経験を通して、体を動かすことの楽しさや、色々な方法で表現することの喜びを感じてくれていたら、嬉しく思います。

運動会の余韻

イメージ
 先日の運動会では、おうちの方からたくさんの応援をいただきありがとうございました。 お友達と力を合わせて取り組んだ運動会を終えて、大きな自信をつけた様子の子どもたち。 今日は朝から、運動会の余韻を感じながら過ごしていたようです。 「金メダルもらって嬉しかったね!」「頑張った先生たちにも金メダルつくってあげる!」 といろいろな素材で金メダルをつくったり 黄組(4歳児)・赤組(3歳児)のダンスや青組(5歳児)のパラバルーンがお部屋で始まると 違う学年の子どもたちも「私もやってみたい!」「入れて~!」と駆け寄ってきて楽しそうに体を動かしたり・・・ パラバルーンの演技の中でいろいろなスポーツを表現した青組(5歳児)さんは 身近な素材を使ってサーフィンやウエイトリフティングを表現して遊んでいました。 園庭ではリレーやかけっこ。 こちらは、赤組(3歳児)さんが、青組(5歳児)さんから「速く走るコツ」を教えてもらっているところ。 「“ようい”のときは足を広げて立って、“どん”で前を見て思いっきり走るんだよ!」 という言葉に、真剣に耳を傾けていた赤組(3歳児)さんです。 運動会で心に残った場面を思い出しながら絵を描いたり、当日の様子を動画で見たりもして、 「来年、ぼくは何色のパラバルーンにしようかなぁ」と、 早くも次の運動会に思いを馳せる可愛い姿もみられました。 今週は、ミニ運動会やもも組(満3歳児・2歳児)の運動会もあり、余韻はしばらく続きそうです。

運動会

今日は山梨学院幼稚園運動会「YGKオリンピック2021」を開催。 今年度も、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行いながらの実施となり、 卒園生や未就園のお子様方をお迎えすることができませんでした。 こちらの動画 で、本園の運動会の雰囲気を少しでも感じていただければ幸いです。

運動会のお客様に伝えたい気持ち

イメージ
 国際バカロレアPYP探究ユニット「みんなで表現しよう」をすすめている青組(5歳児)さん。(このユニットについては こちら をご覧ください) 4週間かけて探究していくなかで 「ビジュアルイメージ(視覚的に表されているもの)はメッセージを伝える」ということを、実感を伴って理解していってほしいと思っています。 「言葉を使わないで気持ちや考えを伝える方法」にはどんなものがあるか考え、マーク、標識、ピクトグラムなどへの興味を広げてきた子どもたち。 今度は、「運動会来てくださったお客様に伝えたい気持ち」を、色や形を使って表現してみることにしました。 「リレーで友達と一緒に頑張るところを見てほしい」 「パラバルーンを見て嬉しい気持ちになってもらえるように頑張る」 「みんなと心を一つに頑張る気持ちを伝えたい」など色々な思いがでてきて、 子どもたちは、運動会に向けての活動を積み重ねるなかで、お客様に伝えたい気持ちをそれぞれ抱いていたようです。 「強い気持ちで走りたいから赤を使おう」 「大きいハート(の形)を描こう!心は一つだから」 「頑張っているみんなは輝いてるから、黄色で星を描いたよ」 と、自分の伝えたいメッセージをどんな色や形で表したらよいか、じっくりと考えて とても素敵に仕上がりました。 出来上がった作品は、おうちの方にお渡しするプログラムの表紙にしました。 一つ一つの色や形に意味が込められていますので、 運動会前に、お子様とお話しをする時間を設けていただけたら、嬉しく思います。 また、子どもたちは、夏に行われた東京オリンピック・パラリンピックを通して 「頑張っている人を応援したい」という気持ちも膨らんでいった様子。 どんな時に応援したくなるか、みんなで考えたときには、 「誰かが何かを頑張っているときに応援したくなる」 「応援する人は優しい気持ちを持っていると思う」 などいろいろな意見が出てきました。 運動会最後のパラバルーンでは、そんな「応援の気持ち」をイメージしてつくったアームバンドをつけて表現します。楽しみにいらしてください。 いよいよ明日は、子どもたちがずっと楽しみにしてきた運動会。 保護者の方にご協力いただいた応援旗を嬉しそうに友達と見せ合ったり、振ってみたりする姿も見られ、 幼稚園最後の運動会を、友達と心を合わせてがんばろう!と、気合十分です。 明日はたくさんの応