リズム運動とタオルを使った運動遊び

 今日は、黄組(4歳児)さんが、川上琴美先生(元山梨学院短期大学保育科教授)を
お迎えして一緒に体を動かしました。

先生の「ゴー!」「ストップ!」の合図にすばやく反応し、
歩いたり走ったりするときにはお友達にぶつからないようにしながら人のいないところへ行く、という「空間形成」の力を育む動きに挑戦したり


高這いやハイハイ、ブリッジのような姿勢でクモ歩き、片足ケンケンなど、
腕や肘、膝を柔軟にする運動をしたり・・・

太鼓の音(2分音符・4分音符・8分音符)を聞いてリズムに合わせて手足を動かすリズム運動もしました。
そして、教えていただいた色々なリズムや動きを自由に組み合わせて、音楽に合わせてダンス!
まずは琴美先生がお手本で素敵なダンスを見せてくださり、続いて子どもたちが挑戦。
自由に体を動かしながら、「楽しいよ!」「見て!かっこいいでしょ!」と嬉しそうに表現していました。
タオルを使った運動遊びもしました。
横長のタオルをキャンディーのようにクルっと結んだ、名付けて「キャンディーボール」を
投げてキャッチしたり、踏まないように両足を広げてトンネルをつくってまたいだり、
「金魚」に見立てて両足を開いてつくった池に泳がせてあげたり・・・
いつもと違う運動遊びにみんな夢中になっていました。


こうして今日は、様々なリズムや動きを組み合わせると表現の幅が広がることや、身近なものを使って楽しく遊べることを知ることができた子どもたち。体全体を使って表現する楽しさも味わえたようです。

このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

豆まき

卒園式