劇発表を終えて

 PYP探究ユニット「劇あそび」をすすめてきた黄組(4歳児)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
「お話は人々を魅了し(メッセージを伝える」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思って6週間探究してきました。

先日の学年末参観日では、みんなでつくり上げた劇遊びを発表し、おうちの方々から感想を書いていただきました。


「みんなが協力して楽しく劇をしていてとても素敵でした」
「楽しそうに歌ったり踊ったりするみんなの姿を見て元気をもらいました」
「青組さんのオペレッタが楽しみになりました」
などなど、たくさんの温かいお言葉にみんな大喜び。
保育者がおうちの方々のメッセージを読み上げるたびに、拍手をしたり
「(表現方法を)がんばって考えて良かった!」「(伝えたいことが)伝わって嬉しい!」
と、伝えたい思いを表現することができた喜びを味わえたようです。
保護者の皆様にはご協力いただき、ありがとうございました。


参観日が終わってからも
「まだ劇やりたい!」「今度は役を交換してやりたい!」とはりきっている子どもたち。
もも組(満3歳児・2歳児)さんに披露したり、役を変えて演じたりしていて、
劇あそびの盛り上がりは、もう少し続きそうです。



このブログの人気の投稿

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー

全国学校給食週間