生き物探究継続中

 久しぶりの登園やお友達との再会を喜びながら、今日もにぎやかに遊んでいた黄組(4歳児)さん。
1学期に探究した「身近な生き物」への興味が続いているようで、
生き物を探したり、お友達が持って来てくれた生き物を観察したりしています。

保育室の前では、レモンの木にアゲハチョウの幼虫や卵を見つけて大喜び。


たくさんのセミの抜け殻を見た子どもたちは
「カラカラしてる!」「抜け殻なのに、爪のところがチクチクするね」と
感触も味わっていたようです。

ドジョウが描かれたペープサートを持っている赤組(3歳児)さんを見かけて
「ドジョウがいるんだよ」「遊びに来て!」と黄組(4歳児)の保育室に誘ってると・・・
「ドジョウってかわいい!」「おひげがある」と話したり
「どんぐりコロコロ~…ドジョウがでてきてこんにちは~」と、歌を口ずさんだりして
赤組(3歳児)さんも黄組(4歳児)さんも嬉しそうでした。

保育室では「マラカスをつくりたい!」と自由工作も盛り上がっています。
使う容器や、容器の中に入れる素材によって音が変わることを
「おもしろ~い」と楽しみながらつくっています。


今、黄組(4歳児)では、おうちの皆様にご協力をお願いして
1,000mlの紙パックをお持たせいただいています。
子どもたちに、おうちで飲み終わった後紙パックをどうしているか問いかけてみると
「開いて、お料理の時に使ってるよ」「牛乳パックを集めているところに持って行ってるよ」と、
リユースやリサイクルをしているご家庭もある様子。


そんな紙パック。
黄組(4歳児)では何に変身するのか
ぜひ、楽しみにしていらしてください。

このブログの人気の投稿

着衣泳教室

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー