投稿

小さなお友達を迎える準備

イメージ
明日行う子育て支援事業「幼稚園であそぼう」に遊びに来てくれるお友達に
どうやって楽しんでもらおうか考えている青組(年長)さん。

「園庭でつかまえたダンゴムシを見せたり、
ダンゴムシのことを教えてあげたりしたい!」
「くるくるチョウチョをプレゼントしたい!」

「紙飛行機をつくって一緒に飛ばしたり
折り紙でかぶとを一緒に折ったりしたい!」
と、自分たちが経験したことを生かしておもてなししたい
という気持ちが芽生えている様子。
一方、世界の国々に興味が広がっていることもあり
「世界地図の上でカーリングや輪投げをしたら楽しいかも!」
「ゲームのなかで国旗をプレゼントしたらいいかな」
と世界の国々をテーマにしたゲームを考える子どもたちも。
ペットボトルやプラスチックカップなど
紙の上をすべる素材をさがして工作したり
本を見ながら国旗の絵を描いたりしています。
「楽しく遊んでくれるかな」
「明日は妹も来るんだよ」
などと話しながらはりきって準備をしていて
小さなお友達が来てくれるのを
とても楽しみにしていているようです。

避難訓練

イメージ
今日は火事を想定した
避難訓練を行いました。

放送を聞いて、みんなで園庭の安全な場所へ・・・
「火事」と聞いて手やハンカチで口を押さえている子どもたちもいました。

初めての避難訓練だった赤組(年少)さんも
上手に逃げることができました。

部屋に戻ってからは、火事、地震など起きたときの避難の仕方や
防災頭巾のかぶり方を確認して
いざというときの対応について考える良い機会となったようです。

PYPユニット身近な生き物

イメージ
PYP探究ユニット「身近な生き物」が始まった黄組(年中)さん。
(PYPについてはこちらをご覧ください)
 このユニットは「世界はどのような仕組みになっているのか」という
教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつ。
8週間かけて探究していくなかで
「私たちは、いろいろな生き物と住んでいる」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。
(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、
中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

この探究ユニットでは
・身の回りの生き物
・生き物の成長・生長
・生き物たちが好む環境
を、子どもたちとともに探究していきます。

園庭で虫探しに夢中になったり、
パンジーのプランターのなかに
テントウムシの幼虫を発見したりしている子どもたち。
「大学のキャンパスにも虫がいるかなぁ?」「探しに行こう!!」 と、今日は大学キャンパスまでお散歩に行きました。 アルテア子どもファームの前を通ると 3月に植えたジャガイモが、生長して白や紫色の花を咲かせていて 「大きくなってる!」「花が咲いてる!」とみんな嬉しそう。 土手ではカラスノエンドウを見つけて 「音が鳴るね!」と、音の鳴る植物があることも発見しました。
キャンパスに到着すると木陰で生き物探し。 ダンゴムシやワラジムシ、アリ、クモなどを見つけては 追いかけたり捕まえたり観察したりしていました。 ツツジの花や葉っぱ、ドングリなどの植物もたくさん見つけました。 つかまえた生き物を「みんなで飼おう!」と相談したり 拾った花を水に浮かべて飾ったりしていた子どもたち。 「身近な生き物」への興味がより深まったようです。

PYPユニット「いろいろな国」

イメージ
青組(年長)さんの国際バカロレアPYP探究ユニット
「いろいろな国」が始まりました。
(PYPについてはこちらをご覧ください)
このユニットは「私たちは誰なのか」という
教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつです。

5週間かけて探究をすすめていくなかで
「世界にはさまざまな国があり、それぞれの人々によって大事にされているものがある」
ということを、実感を伴って理解してほしいと願っています
(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、
中心的アイディア(Central idea)と呼びます)

このユニットでは
・それぞれの国で有名なもの、大事にされているものは?
・それらが有名になったり、大事にされたりしている理由は?
・それぞれの国で大事にされているものを周りのひとにも伝える
という探究活動を、子どもたちとともにしていきます

今日はiCLA国際リベラルアーツ学部の屋上庭園に行ってきました。
ウズベキスタン、ニュージーランド、デンマーク、ベトナム、香港など
さまざまな国や地域から来ている留学生と交流。
それぞれの国で有名なものや大事にされているもの
について教えてもらいました。
「ベトナムのハノイには、湖の真ん中に建っているお城があって、
そこにはカメが住んでいたんだよ」
「香港には80階や100階建ての建物があって、
なかでも118階建ての建物の100階に行くと、
香港の町全部が見渡せるんだよ」
というお兄さんお姉さんのお話に
目を輝かせて聞いていた子どもたち。
「香港っていう名前聞いたことあるよ!」
「ニュージーランドって羊がいっぱいいるんだよね!」
と「自分たちが知っていることも伝えたい!」
という気持ちも高まって興奮気味でした。
今日は世界の色々な国や地域の様子を知ることができ
たくさんの刺激を受けたようです。

リズムあそび

イメージ
お部屋で音楽に合わせて
リズムあそびをしていた赤組(年少)さん。
元気よく歩きながら途中で
「ジャンプして水たまりを越えよう!」
「片足ケンケンで橋を渡ろう!」とお散歩したり
「雨が降ってきたから雷さまにおヘソをとられないように!!」と小さくなったり
「小鳥さんに変身してみよう」と羽根(両手)を広げて走ったり・・・
思い切り体を動かしていた子どもたち。
「ビスケットを食べたいね」と
可愛いポケットを身につけて
「不思議なポケット」の歌を歌ったりもしました。
こちらはピアノに合わせてクレヨンあそび。
ピアノの音をきいてイメージを膨らませ
「ザーザー雨」や「ポツポツ雨」を描いたり
「クレヨンさん、まっすぐ歩いてお散歩できるかな?」と
好きな色のクレヨンで線を描いたり
今日はあいにくのお天気で外遊びができませんでしたが
色々な表現あそびを楽しむことができたようです。

スタンプあそび

イメージ
先週から慣らし保育の期間も終わり
アルテア子ども館で過ごす時間が長くなったもも組(2歳児)さん。
おままごとや砂遊び、シャボン玉などで思い思いに遊んで過ごしています。
今日は、スタンプあそびでシャボン玉を表現しました。
「どうやってやるのかな・・・」と興味津々。
トイレットペーパーの芯やプラスチック容器に
青・白・ピンク色の絵の具をつけて
優しくトン、トン、トン
5月のさわやかな風を感じながら
「もう1回やりたい!」と夢中になって遊んでいた子どもたち。
しばらくは、自由あそびのなかで
たくさんスタンプあそびを楽しんでいきたいと思います。

鉄棒に挑戦

イメージ
今日は青組(年長)さんのスポーツデー。
鉄棒に挑戦しました。

足が地面につかないようにぶら下がったり
 両手で鉄棒につかまり足をかける
「豚の丸焼き」ポーズをしたり・・・
両腕で自分の体を支える「すずめのポーズ」や足抜き回りや前回りも
最初は不安げな表情を見せる子もいましたが
「鉄棒から手を離さなければ落ちない」
ということが分かると安心した様子。
一生懸命挑戦していて、できるととても嬉しそうでした。
これから自由遊びの時間を使ったり、
「がんばりカード」をつくったりして
たくさん鉄棒にふれていきたいと思っています。

今日は、本学経営学部講師の大﨑恵介先生と
学生が授業の一環で来園していたので
鬼ごっこやかけっこ、泥団子づくりなどを一緒にして
楽しいひとときを過ごすことができたようです。