愛宕山散策

PYP探究ユニット「身近な生き物」をすすめている黄組(年中)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
 8週間かけて探究していくなかで
「私たちは、いろいろな生き物と住んでいる」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。

先日植えたヘチマの種が発芽して
はりきってお世話をしている子どもたち。
今日は、幼稚園からバスで15分くらいのところにある
愛宕山へ行ってきました。
到着するとモンシロチョウが出迎えてくれました。
そして山を登っていくと
枯れた木や木の根っこや葉っぱの間に巣をつくっている
大きなアリをたくさん見つけて
「アリの運動会だ!!」」
「アリって、地面の中じゃないところにも
巣をつくるんだね!!」と
発見を喜んでいるようでした。
ほかにも、土を掘ってミミズをつかまえたり
テントウムシやクロボシタマムシと出会ったり
こうして、幼稚園とは違う自然環境のなかで
色々な生き物との出会いや発見があり、
「つかまえた生き物を幼稚園で育てたい!」
という気持ちが芽生えている様子。
「(虫かごの中に)葉っぱを入れてあげたらいいかな」
「どんなものを食べるのかな」
「住みやすいおうちをつくってあげよう」
といった声もきかれ、生き物たちがどんな環境を好むのかを
みんなで考えていきたいと思います。

このブログの人気の投稿

植物の観察

おすもう

卒園式