青組干し柿づくり

先日干し柿づくりをした青組(年長)さん。
ヘタを手で丁寧にとったり
片手で柿をしっかりと持って
ピーラーで皮をむいたりしていきました。
 「かたい柿とやわらかい柿があるね」
「やわらかい柿は濃いオレンジ色をしてるよ」
「皮をむくと柿の匂いがするね」
と、いろいろな発見をすることもできたようです。

軒下に吊るして、子どもたちは毎日のように眺めています。
「しわしわになってきた!」
「色が茶色くなってる!」
「細くなってきたね」
と、観察したり
「早くできるといいなぁ」
と言いながら絵を描いたりして
出来上がるのを楽しみにしている様子。
そんな青組(年長)さん。
今日は、白川和治先生(元山梨学院短期大学保育科長)の音感教室があり
先生の指揮に合わせて「たのしい音楽会」で演じる
オペレッタで歌う歌を歌いました。
来月の本番に向けて少しずつ気持ちが盛り上がってきています。

このブログの人気の投稿

植物の観察

おすもう

1学期始業日