たのしい音楽会

今日は待ちに待った「たのしい音楽会」。
子どもたちは朝からワクワクした表情でホールに集まり
大勢のお客様を前に、はりきって発表してくれました。

鈴を片手に可愛いらしく歌っていたもも組(2歳児)さん。
 カスタネットの演奏と元気な歌声を
ホールに響かせてくれた赤組(年少)さん。
心をひとつにして、手づくり楽器とピアニカの演奏や
歌を聴かせてくれた黄組(年中)さん。
青組(年長)さんは、合唱組曲「くるみ割り人形」を熱演。
堂々とした発表ぶりはさすがでした。
どのステージも素晴らしく
いきいき、のびのびと表現していた
子どもたちの姿は感動的でした。

そして、発表が終わった後には、待望のサンタクロースが登場!!
プレゼントもいただき、会場は大盛り上がりでした。
ロビーには各学年の造形作品が飾られました。
もも組(2歳児)は、折り紙やお花紙、アルミホイルなど、
様々な素材で装飾した手づくりオーナメント。
赤組(年少)は、好きな色の粘土を、ハート、
ウサギ、電車など、思い思いに形づくり、
カラフルなボタンやビーズなども飾りつけて
オリジナルツリーをつくりあげました。
黄組(年中)は、木の実や木切れ、ワインコルクなどを使った木工作品。
「壁に掛けたい」「高いお城にしたいから、置く飾りがいい」などと
飾り方も考えながらつくっていました。
青組(年長)の作品は、「くるみ割り人形の世界で踊っている自分を描いた絵」と
「くるみ割り人形のお気に入りの場面を表現したボックスアート」。
どれも工夫を凝らした
個性豊かで素敵な作品に仕上がっていました。

おかげさまで、子どもたちの笑顔あふれる会となり、
無事に終えることができました。
保護者の皆様にはご協力いただき、
本当にありがとうございました。

このブログの人気の投稿

植物の観察

おすもう

1学期始業日