責任実習

4月から本園に研修に来ている現場研修生(本短期大学保育専攻1年生)が
「責任実習」(研修生が担任保育者になったつもりで
クラス活動の運営を体験するもの)をしました。   
最近簡単なルールのある遊びを楽しめるようになったことから
「ころがしドッヂボール」や「だるまさんがころんだ」、
「玉入れ」などをして遊んだ赤組(年少)さん。
一年間の思い出を描いて
それを飾る額をつくったり
トイレットぺーパーの芯でロケットをつくって飛ばしあったり
していた黄組(年中)さん。  
五輪の輪に言葉を書きこんでしりとりを完成させるゲームや
ひらがなが書かれたカードを組み合わせて言葉をつくるゲーム、
手づくりカルタでカルタ取りなど
「言葉」にちなんだゲームをした青組(年長)さん。
どのクラスも、今までの活動を振り返ったり取り入れたりしながら
楽しい時間を過ごすことができたようです。

このブログの人気の投稿

植物の観察

おすもう

1学期始業日