修園旅行

 今日は、青組(5歳児)さんの修園旅行。
今年度は、バスの利用を避ける、半日のみの実施とするなど
例年とは方法を変え、「曽根丘陵公園」で自然散策を行いました。

まずはみんなで集まって「はじめの会」をしたら、
「しぜんチャレンジシート」を使って自然散策スタート。

チャレンジシートに書かれている
「きらきらするもの」「おとのするもの」
「においのするもの」「ちくちくするもの」
などを、五感を使って探したり
「きにさわってみよう」「うめのきをさがしてみよう」
という項目に挑戦したりしていきます。
「ギザギザの葉っぱがあった!」
「赤い実がなってるよ!」
「ドングリだ!!」
など、おうちの方と一緒に発見しては
真剣な表情でシートにかきこんでいく子どもたち。
お友達と一緒に散策したり
気づいたことや見つけたことを
お友達同士で伝えあったりする姿もみられました。
そして、事前に子どもたちがつくっていた
「世界で一つの宝箱」(缶の周りを油性ペンで装飾しました)
の中に、自分たちが素敵だと思ったものを詰めていき
「自然の宝物」がたくさん詰まったオリジナルの缶ができあがりました。
散策中、おうちの方やお友達と一緒で
素敵な表情をたくさん見せてくれた子どもたち。
終了間際に雨が降ってきてしまい「振り返り」ができなかったので
後日、保育のなかで、それぞれの宝箱を見せ合ったりしながら
今日のことを振り返りたいと思います。

保護者の皆様には、早朝よりご協力いただきありがとうございました。

このブログの人気の投稿

植物の観察

保育参観

たのしい音楽会