たのしい音楽会に向けて

 本園では、例年12月に本学メモリアルホールで
学年ごとに歌や合奏を発表する「たのしい音楽会」を行っていましたが
今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
もも組(2歳児、満3歳児)・赤組(3歳児)・黄組(4歳児)は表現活動を動画配信、
青組(5歳児)は、感染対策をしつつ表現活動を工夫して
ステージ上で発表することになりました。

動画配信やステージ上での発表に向けて
撮影をしたり、発表ごっこをしたり
している子どもたち。

青組(5歳児)さんは、白川和治先生(元山梨学院短期大学保育科長)の
指揮に合わせて気持ち良さそう。
ホールでは、のびのびと歌えるようにパーティションを設置したり
換気をよくするためにホールの扉を開放したりもしています。
「ホールはとっても広いね!」
「(ステージに立つと)お椅子に座っている人のお顔がよく見えるよ」
「(ホールの)天井にあるライトがキラキラしてきれいだね」
と、メモリアルホールならではの雰囲気も味わっているようです。

どの学年の子どもたちも
自分たちの表現をおうちの方々にみてもらいたいと
とはりきっているようです。
子どもたちの発表を
ぜひ楽しみにいらしてください。



このブログの人気の投稿

植物の観察

保育参観

たのしい音楽会