「いい歯の日」給食

 11月8日の「11(いい)8(は)の日」を前に
今日は「いい歯の日」給食。
メニューは、じゃこご飯、かつおフライ、
切干大根サラダ、さつまいもとごぼうのみそ汁
りんご、牛乳 でした。

給食の時間には、管理栄養士が保育室を回り
今日の給食にはゴボウ、リンゴなど噛みごたえのある食べ物や
切り干し大根やしらす、牛乳など歯をつくるのに大切なカルシウムが
たくさん入った食べ物が使われていること、
よく噛むと唾液が出て虫歯になりにくくなり、歯並びもよくなること
などを話しました。
「じゃこご飯」は初めてのメニューだったので
「これなに?」と尋ねたり
お箸でつまんでみたりして興味を持っていた様子。
そして、お味噌汁の中には、先日赤組(3歳児)さんが
アルテア子どもファームで収穫したさつまいも。
「とっても大きいお芋がとれたんだよ!」
「小さいのもあったよ!」
と、お芋掘りの様子を管理栄養士に伝えながら
嬉しそうに食べていた子どもたちです。

このブログの人気の投稿

植物の観察

保育参観

たのしい音楽会