甲州牛を使った牛丼

 今日の給食メニューは牛丼。
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い需要が低下している
畜肉の消費拡大を目的とした無償提供事業により、
山梨県から提供された甲州牛を使用しました。

「今日のお肉は何のお肉かな?」と
豚、とり、牛のイラストを使って管理栄養士がクイズを出してみると
「豚かな?」「“ぎゅう”だから、牛だよ!」と答えていた子どもたち。

無償提供されたことを知った青組(5歳児)のクラスでは
「お肉をプレゼントしてくれたんだね」
「感謝の気持ちを伝えたいな」
「どうしたら、プレゼントしてくれた人たちが喜んでくれるかな」と考え
「残さず全部食べたら喜んでくれると思う!」と
たくさん食べていた子どもたち。
他のクラスでも、「おいしいね」「やわらかいね」
と嬉しそうに食べる姿がみられました。
子どもたちに好評だった牛丼のレシピをご紹介しますので
ぜひご家庭でもつくってみてください。

<材料>4人分
 牛肉・・・・・・・250g    
 おろししょうが・・2g
 酒・・・・・・・・大さじ1
 玉ねぎ・・・・・・100g
 白滝・・・・・・・40g
 水・・・・・・・200㏄
 しょうゆ・・・・大さじ1
 塩・・・・・・・ひとつまみ
 砂糖・・・・・・小さじ2
 みりん・・・・・小さじ1
 和風だし・・・・少々
 炒め油・・・・・・・適量

<作り方>
すりおろしたしょうがと酒を混ぜあわせて、牛肉を漬け込む。
玉ねぎはスライス、白滝は3㎝の長さに切る。
鍋に油をしき、玉ねぎを炒める。
少し炒めたら、調味料の半量と水を入れる。
牛肉を入れて煮る。
少し火が通ったところで白滝と残りの調味料を入れ、煮たら出来上がり。

このブログの人気の投稿

植物の観察

ハロウィンパーティー

豆まき