とーんぼ、とんぼ!!

 PYP探究ユニット「最初の一歩」をすすめている赤組(3歳児)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください。)
10週間かけて探究していくなかで「新しい環境の中でも、安心できる場所、好きなことを見つけることができる」ということを、実感を伴って理解していってほしいと思って取り組んでいます。

これまで、幼稚園探検や園庭での遊具の遊び方の確認などをしてきて、活動範囲がすっかり広がっている子どもたち。
砂場で山をつくって遊んだり、「チチンプイプイのエ~イ!」と魔法のスティックをつくって遊んだりと、いろいろな場所で過ごす姿がみられます。


先日は、ブドウの赤ちゃんや、マロニエのお花をみながら、園舎の周りも探検してきました。


そんな子どもたちに、もっと幼稚園のことを知ってほしい、と
今日は「とーんぼ、とんぼ!○○にとまれ!」と、保育者のかけごえに合わせて
遊具や園庭の木など色々な場所にタッチする遊びをしました。

「とーんぼ、とんぼ!パーゴラのベンチにとまれ!」「白いおうちにとまれ!」
などと呼びかけると、「こっち、こっち~」「わかるよ」とタッチ!
そして、「パーゴラって、涼しいよ」「白いおうちで遊ぶの大好き」「かくれんぼできるもんね」「(エノキの木の下で)エノキの実を集めるのが好き!」とそれぞれの場所の楽しいところ、好きなところを嬉しそうに話していました。

来月からはスイミングが始まります。
グリーンデッキでは、黄組(4歳児)、青組(5歳児)さんのスイミングの様子を眺めて
「早く入りたいねー」「プール、大好き!」と言葉を交わす姿もみられ
子どもたちは楽しみにしているようです。



このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

卒園式

豆まき