千歳飴袋づくり

 今月の七五三に向けて、千歳飴を入れる袋をつくりました

もも組(満3歳児・2歳児)さんは
毛糸や段ボールなどを使ってスタンプで模様づけ。


赤組(3歳児)は染め紙に挑戦。
折りたたんだ和紙に絵の具を染み込ませていき、
染めあがった和紙と色画用紙で、動物をモチーフにした袋をつくりました。
子どもたちは、絵の具が和紙に染み込んだり色と色が混ざったりする様子を楽しんでいたようです。


黄組(4歳児)さんは、身近な素材であるティッシュの箱を使って、好きな動物を表現。
目、鼻、口など顔のパーツや手足も自分たちで工夫してつくっていました。


青組(5歳児)さんは、「修園旅行で出あった素敵なもの」をイメージして
1枚の画用紙を袋状にするところからスタート。
どうしたら袋状にできるか考え、紙を丸めたり折ったり切ったり・・・
自分が表現したいものをつくることに一生懸命でした。


どの学年も素敵な作品が出来あがりました。
完成した袋は、千歳飴を入れて今日持ち帰ります。

このブログの人気の投稿

着衣泳教室

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー