投稿

10月, 2019の投稿を表示しています

黄組さんの木の実拾い

イメージ
今日は黄組(年中)さんが、曽根丘陵公園へ。
山梨県立考古博物館の周辺で「木の実拾い」をしてきました。
色々な形のドングリや赤い実など たくさんの木の実が落ちているのを見つけると
さっそく拾い始めて
大事そうに袋に入れていた子どもたち。
きれいな色の落ち葉や 木の枝なども見つけて 「見て見て!」と落ち葉を組み合わせて遊ぶ姿も。 他にも、紅葉し始めている木々や、キノコ、 水滴がついてキラキラ光っているクモの巣など たくさんの自然に出合うことができました。 竪穴住居の中にも入って・・・ 楽しい時間を過ごすせたようです。 今日拾った自然物は ハロウィンのお面づくりで使ったり 遊びのなかに取り入れたりしていきたいと思います。

小学生との交流

イメージ
山梨学院小学校へ行った赤組(年少)さん。
小学校4年生の子どもたちと交流をしてきました。
小学校へ到着すると、お兄さんお姉さんがお出迎え。
「あそびのサーキット」と題して
輪投げや
空器砲を使った射的
すごろく

などゲームコーナーを回って遊びました。

お店屋さんでは、
手作りのポンポン、ミサンガ、時計の中から
好きなものを選んでお買い物ごっこ。
選んだ品物は、お土産として持ち帰ります。
子どもたちは、お兄さんお姉さんに
遊び方を説明してもらったり
優しく声をかけてもらったり
一緒に遊んでもらったりして
とても嬉しそうでした。

帰り道では、柿や色づいた葉っぱを眺めたり
キンモクセイの香りにうっとりしたりして
秋を感じることもできたようです。

メッセージを伝える表現方法

イメージ
国際バカロレアPYP探究ユニット「みんなで表現しよう」
をすすめてきた青組(年長)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
4週間かけて探究していくなかで
「ビジュアルイメージ(視覚的に表されているもの)はメッセージを伝える」
ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思って取り組んできました。

先日、運動会を終えて
「運動会で特に楽しかったこと、心に残ったこと」を
当日会場にいなかった人にも伝わるように、
そして、自分たちが大きくなっても思い出せるように、
絵を描くことに。
「パラバルーンが楽しかった」「リレーを頑張ったよね」と
嬉しそうにお友達と話したり
「“優しい気持ち”を絵にしたい」と、表現の仕方を考えたりしていました。

そして「ポートフォリオ(探究するなかで学んできたことを振り返る記録)」 づくりにも挑戦。 「運動会に来てくれた方に伝えたい気持ち」を色と形で表してみました。 紙の真ん中に星を描いて「心を一つにすること」を表したり 「みんなの気持ち」をハートで表したり 「燃える気持ち」を表現するために赤い色を使ったり・・・ 思い思いに描いていた子どもたち。
今年の運動会では
ハカやダンス、パラバルーン、おみこしなどを通じて
思いを伝えようとしてきたことを
写真を見ながら振り返ったりもした子どもたち。
メッセージを伝えるには、いろいろな表現方法があることを
実感することができたようです。

トウモロコシと古代米の収穫

イメージ
先日、青組(年長)さんが
1学期に植えたトウモロコシ(ポップコーン用)と古代米の収穫をしました。

トウモロコシは、子どもたちが思っていたよりも
実が入っていなかった様子。

「どうしてあんまりできなかったんだろう」
「雨が少なかったからかな」
「お日様が当たらないといけない時(時期)に
あんまり当たらなかったんじゃないかな」
と、理由を考えたり
「肥料の力が逃げないように土に藁をかぶせるといいって
おじいちゃんが言ってたよ」
と、おうちの方たちに教えてもらったことを思い出したり・・・
「農家の人って大変だね」
と作物を育てる大変さも感じたようでした。
保護者の皆様には、夏休み中、ご家庭での栽培にご協力いただき
本当にありがとうございました。

古代米は、山梨県立考古博物館から苗をいただいて育てたもの。
根元を切って収穫していきました。
収穫したトウモロコシとお米は
「どうすれば食べられようになるのか」「どうやって食べようか」・・・
これからみんなで考えながら、収穫の喜びを分かち合いたいと思います。

赤組・もも組ミニ運動会

イメージ
国際バカロレアPYP探究ユニット「運動会」をすすめてきた赤組(年少)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
5週間かけて探究していくなかで
「私たちはさまざまな方法を使って自分を表現し、人に伝えている」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思って取り組んできました。

運動会を終えて、「運動会で楽しかったこと」を絵に描いて表現し
みんなの前で発表しました。
 「“ひみつ”のポーズが上手にできた」
「みんなで一緒に走ることが楽しかった」
と、言葉や身振り手振りで教えてくれました。
子どもたちは、運動会の経験を通して
体を動かすことの楽しさや
色々な方法で表現することの喜びを
味わうことができたようです。

そんな赤組(年少)さん。
今日はもも組(2歳児)さんと一緒にミニ運動会をしました。
YGKウォームアップで準備体操をしたら
もも組(2歳児)さんが3チームに分かれて
赤組(年少)さんの3クラスにそれぞれ加わり
青組(年長)さんがやっていた綱引きや
小学生の競技だった玉入れに挑戦。

「やってみたかったんだ!」
「お兄さんお姉さんみたいに、がんばりたい!」
と気合十分だった子どもたち。
競技も応援も、とても盛り上がっていました。

最後はもも組(2歳児)さんが内側、 赤組(年少)さんが外側になってダンス。 運動会とは違った雰囲気のなかで 楽しむことができたようです。 たくさん体を動かした後は給食。 赤組(年少)さんは、今日からお箸を使い始め 新しいことへの挑戦を喜びながら食べているようでした。


木の実拾い

イメージ
赤組(年少)さんが、芸術の森公園へ
「木の実拾い」に行ってきました。
朝から「今日はドングリ拾いだね!」と
楽しみにしていた様子の子どもたち。
自分でつくったドングリバッグを肩からかけて
はりきって出発しました。
 公園に到着すると、まずは色々なオブジェがお出迎え。
「これは〇〇かな?」「〇〇みたいに見えるね」
と子どもたち同士で話したり
「ひよこちゃん、おはよう!!」とオブジェに
嬉しそうに挨拶したりしていました。
そして公園のなかを進んでいくと
大小さまざま、いろいろな形のドングリを発見!!
「葉っぱつきのドングリだ」
「緑色のもあるよ」
「これは帽子がついてるよ」などと
お友達と見せ合いながら、
次から次へとバッグに入れていました。
紅葉した木々や落ち葉、セミの抜け殻、カエルなど
木の実以外にもたくさんの自然と出合うことができたようです。
帰り道では
「ドングリジュースつくりたいな」
「ドングリコロコロゲームつくってみたい」
とさっそくイメージを膨らませていた子どもたち。
今日拾った木の実は、おうちの方へのお土産として持ち帰ったり、
子どもたちと相談しながら、幼稚園での遊びに
取り入れたりしていきたいと思います。

黄組ミニ運動会

イメージ
黄組(年中)さんがスカイホールと園庭で
ミニ運動会をしました。

青組(年長)さんの競技だった「綱引き」や
「リレー」 小学生の競技だった「玉入れ」 など、運動会のときとはちょっと違う形で競技に挑戦しました。 熱く応援をしたり、勝敗に一喜一憂したりして大盛り上がり。 思い切り体を動かす楽しさや 友達と力を合わせる喜びを味わうことができたようです。 「青組(年長)になったらリレーをがんばりたい!」 「いっぱい運動して、いっぱい食べたら、素敵な運動会になるよね!!」 と、早くも来年の運動会に向けて 気合十分だった子どもたちです。

中国切り紙の展示見学

イメージ
本学で行われていた「中国切り紙(剪紙)芸術の世界展」
を青組(年長)さんが見に行ってきました。

展示されている美しい作品の数々に
「うわぁ」「きれい・・・」と目を奪われていた子どもたち。
トラの模様、男の人のひげなどが
細かく表現されていることにも感動しているようでした。

目の前で実演もしていただき
竜やスズランの花などが
ハサミ1つであっという間にできあがっていく様子に
「魔法みたい・・・」「ハサミだけでつくっているなんてすごい」
と、みんなくぎ付けでした。
最後は子どもたち一人ひとりに
チョウチョ、パンダ、子どもたちの干支であるヘビ、ウマなど
をつくってプレゼントしていただき、
大喜びで幼稚園に戻ってきた子どもたちです。