大学キャンパスへお散歩

国際バカロレアPYP探究ユニット「秋・冬の自然」をすすめている赤組(年少)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
8週間かけて探究していくなかで
「季節の移り変わりは、私たちの生活に影響する」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。

今日は「冬の始まりを見つけに行こう!」と
大学キャンパスへお散歩に行きました。
葉が落ちている木を見つけると
「葉っぱ、なくなっちゃったね」と心配そうに見つめたり
風に舞う落ち葉を喜んで追いかけたり
「カサカサって音がするよ!!」
と楽しそうに落ち葉を踏みしめたり・・・
「こっちの木には緑の葉っぱがついてるのに、あっちの木には葉っぱがない!!」
樹木によって違いがあることに気づく子も。
日中はまだ暖かい日が続いていますが、身近にある自然の様子から
秋から冬への移り変わりを感じることができたようです。

そして、来月の「たのしい音楽会」の会場となる
メモリアルホールの中にも入ってみました。
大きなステージに立って「ライトがたくんさんあるね」と見上げたり
フカフカの椅子に座って
「暗くなるのはステージで楽しいことが始まる合図だから怖くないよね」
と話したりしていた子どもたちです。


このブログの人気の投稿

植物の観察

おすもう

1学期始業日