赤組PYP探究ユニット「秋・冬の自然」

国際バカロレアPYP探究ユニット「秋・冬の自然」をすすめている赤組(年少)さん。
(PYPについてはこちらをご覧ください)
このユニットは「世界はどのような仕組みになっているのか」という
教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつです。
8週間かけて探究していくなかで
「季節の移り変わりは、私たちの生活に影響する」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。
(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、
中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

このユニットでは
・今の季節
・季節の移り変わり
・季節の移り変わりと私たちの生活
を、子どもたちとともに探究していきます。

園庭で落ち葉や木の実を探したり
先月木の実拾いで見つけてきたたくさんのドングリを使って
ごっこあそびや製作あそびをしたり
ドングリの中からでてきたゾウムシを見つけて
飼育したりしている子どもたち。
お部屋には、「秋のもの」も集まってきています。
マツボックリ、キクの花、
ホオズキ、カキ、ブドウ、サトイモ、南天など
たくさんの「秋のもの」に子どもたちも興味津々。
子どもたちには、こうして「秋」を身近に感じながら
この時季ならではの遊びをたくさん楽しんでいってほしいと思っています。

このブログの人気の投稿

植物の観察

おすもう

1学期始業日