PYP探究ユニット「ぼくたちわたしたちの住む日本」

赤組(年少)さんのPYP探究ユニット
「ぼくたちわたしたちの住む日本」が始まりました。
(PYPについてはこちらをご覧ください)

このユニットは「私たちはどのような場所と時代にいるのか」という
教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつです。
6週間かけて探究していくなかで
「日本には、昔から伝わる大事なものがある」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。
(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、
中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

このユニットでは
・昔から伝わる日本の行事や遊び
・日本の昔話
・日本の昔と今
を、子どもたちとともに探究していきます。

「冬休みに凧あげをしたよ!」
「ぼくはカルタで遊んだ!」
と、冬休みの間にお正月遊びにふれた様子の子どもたち。
幼稚園でも、凧やコマをつくって遊んだり
干支のカードを使ってカルタ取りをしたりしています。
「おじいちゃんと一緒にお相撲を見たよ」
「私も見た!!」
とテレビでお相撲を見たことから
「トントン相撲」で遊びだす姿も。
園庭では、花いちもんめ、かごめかごめ、あぶくたったなど、
伝承遊びも楽しんでいるようです。
そんな赤組(年少)さん。
今日はスポーツデーもあり、長なわとびをしました。
両足をそろえて、同じ場所で一定のリズムをとって
ジャンプすることがコツです。
ご家庭でもぜひ挑戦してみてください。

このブログの人気の投稿

植物の観察

おすもう

1学期始業日