将来の夢を考え中

PYP探究ユニット「将来の夢」を進めている青組(年長)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
 6週間かけて探究していくなかで
「それぞれが役割をもって生きている」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。
おうちの方がどんな仕事をしているのか調べたり
「マーケットゲーム」や「お仕事見学」を経験したりして、
お仕事について考えてきた子どもたち。







今は、自分が大きくなったらどんな仕事をしたいのか、
どんな風にみんなの役に立ちたいのかを
絵や文章で表現しようとがんばっています。
警察官、外科医、パティシエール、サッカー選手、電車や新幹線の運転士、幼稚園の先生・・・
たくさんの仕事がでてきて
その仕事がどんな仕事なのか考えたり、本で調べたりしながら
イメージを膨らませているようです。









お友達の絵を見て「みんなが喜ぶお仕事だね」と声をかけたり
パティシエの絵を描いているお友達に
「おいしそうなケーキだね」「今つくっているのはクリームかな?」と
嬉しそうに話したりしている姿もみられました。












本番当日に大勢の方の前で発表できるように
友達同士で発表し合ったり、保育室や職員室で
色々な人に聞いてもらったりもしています。
そんな青組(年長)さん。
今日はもも組(2歳児)さんを招いて
一緒に給食を食べました。
「たくさん食べてるね」「お皿ピカピカにしてね」と声をかける姿もみられました。
また、「幼稚園には、お友達がいっぱいだから、楽しく過ごしてね」「ぼくたちは、小学生になるけど、
やさしい友達がいっぱいいるから安心してね」と幼稚園について教えてあげていました。




このブログの人気の投稿

植物の観察

保育参観

おすもう