もっと素敵に表現したい!

 国際バカロレアPYP探究ユニット「運動会」をすすめている赤組(3歳児)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
5週間かけて探究していくなかで
「私たちはさまざまな方法を使って自分を表現し、人に伝えている」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。

運動会のプログラムの表紙に
「にこにこ笑っているお顔にしよう」と自分の顔を描いたり
他のクラスのお友達とダンスを見せ合ったりして
運動会を心待ちにしている様子の子どもたち。

「ポーズが可愛かった!」
「ジャンプするところがカッコ良かった!!」
と、お互いのダンスの素敵だったところを発表し合うこともあります。
お客様の前で表現して、応援してもらうことで
「楽しい」「嬉しくなる」と、
みてもらうことの喜びを感じたり
「もっと上手にダンスしたい!」「元気にジャンプしたい!」
など、子どもたちなりに「もっとこうしたい」という
思いを強くしたりしているようです。

今日は古屋記念堂へ出かけ、かけっこやダンスをしてきました。
広い会場で、どうしたらもっと素敵に表現することができるのか
さらに探究をしながら本番を楽しみに待ちたいと思います。

このブログの人気の投稿

植物の観察

保育参観

おすもう