もちつきと鏡餅づくり

石臼と杵を使ったもちつきと
ついたお餅で鏡餅づくりをしました。

例年は子どもたちももちつきを体験しますが
今年は感染拡大防止のため、間近で見学です。
まずはつく前の蒸したお米を見せてもらうと
「ご飯の匂いがする!」「つぶつぶがあるね。」
「全然お餅じゃない」と興味津々。

そして、もちつきスタート。

「よいしょ!よいしょ!」と一緒にかけ声をかけたり
「がんばって!」と応援したりしていた子どもたち。


お米がだんだんとお餅に変化していく様子に
「お米とお米がくっついたみたい!」
「面白いね!!」と目を輝かせていました。




お餅がつきあがると、クラスごとに分かれて鏡餅づくりです。
「新しい年が良い年になるように、年神様にお供えするんだよ」と
鏡餅の由来の話も聞きながら、
お餅を優しくクルクルと回して形を整えていきました。
「真っ白だ!」「いい匂いがする」
「あったかいね」「やわらか~い」と
つきたてのお餅を五感で感じていた様子。


                             

最後に、上に「だいだい」を乗せたら完成!
どのクラスも、素敵な立派な鏡餅が出来上がっていました。



そして今日は冬至ということで
給食には南瓜の煮物や柚子のゼリーが並びました。

子どもたちはこの時季ならではの伝統行事に
たくさんふれることができたようです。




このブログの人気の投稿

植物の観察

ハロウィンパーティー

豆まき