もうすぐ豆まき

 来月の豆まきを前に、鬼のお面や豆などをつくっていた子どもたち。

青組(5歳児)さんは、「立体をつくる」ことを意識して
紙を丸めたり折ったり切ったり・・・
今まで経験してきた技法を駆使しながら
一生懸命工夫してつくっていました。

黄組(4歳児)さんは
クリアファイルを使ってお面づくり。
鼻や口は画用紙、髪の毛は毛糸や紙テープを
両面テープを使って貼っていきました。
赤組(3歳児)さんは画用紙にローラーで絵の具を塗っていき
紙を目や鼻の形に切って貼ったり、
クレヨンで角に模様をつけたり・・・
金色や銀色の折り紙でキラキラの牙をつけると
「強そう!!」と大喜び。
新聞紙をちぎって丸めて、豆もつくっていました。
もも組(満3歳児・2歳児)さんは、
デカルコマニー(あわせ絵)に挑戦。
絵の具をのせた画用紙を半分に折って開くと
不思議な模様が出来上がり、思いがけない形に喜んでいました。
子どもたちは、遊びのなかでも
「鬼は外!」と大きな鬼を退治しようとしたり
素材コーナーで見つけた段ボール紙などを使って恵方巻きをつくったりしていて
節分を楽しみにしているようです。

このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

豆まき

植物の観察