青組を送る会

 今日は「青組を送る会」。
PYP探究ユニット「人との関わり」(このユニットについてはこちらをご覧ください)の
一環で黄組(4歳児)さんが中心になって計画してきました。
「青組(5歳児)さんに喜んでもらえるようにしよう!」
「ありがとうの気持ちを伝えたい!」という思いに加えて、
今年は「みんなが安全に楽しくできる方法にしよう」と考えて、園庭で行うことに。

青組(5歳児)を拍手で迎え、まずは黄組(4歳児)からのお手紙。
「きちんとディスタンスをとった方がいいから・・・」と
遠くからでも見えるように大きなお手紙を書き
「一緒に遊んでくれてありがとう」「優しくしてくれてありがとう」
「すてきな一年生になってください」
というメッセージを伝えました。
そして、ももの1組(満3歳児)から黄組(4歳児)で歌のプレゼント。
「園庭にはピアノがないからカスタネットを使おう」ということになり
みんなで「しあわせなら手をたたこう」の替え歌を歌いました。
黄組(4歳児)が考えた歌詞には、
「だいすき」「ありがとう」「がんばって」「げんきでいてね」
と子どもたちの温かい気持ちがたくさん散りばめられていました。
心を込めてつくったプレゼントは、「サプライズで渡したい!」という子どもたちの希望で
「卒園式までにみんなに渡してください」と保育者に託すことに。

最後は青組(5歳児)さんからメッセージと歌を贈り、みんなで集まる会は終了です。

そして保育室に戻ったら、各クラスで「宝さがし」。
お部屋のどこかに隠された宝のキャンディを夢中になって探し
「あった!!」と嬉しそうに見せてくれました。

今日の会を企画した黄組(4歳児)さんは
この日がとても待ち遠しかったようで、いきいきとした表情で
メッセージを伝えたり歌を歌ったりしていました。
喜んでくれた青組(5歳児)さんの姿を見て
「ありがとうの気持ちが伝わって嬉しいね」と笑顔で話していた子どもたち。
「今度は僕たちが青組(5歳児)だね」
「困ったときに優しくできる青組(5歳児)さんになりたい」
「運動会とか、オペレッタをがんばりたい」
「強い心を持って色々なことにチャレンジしたい!」
と「自分がなりたい青組(5歳児)の姿」を思い描くこともできたようです。

このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

豆まき

卒園式