音感教室

 青組(5歳児)さんの音感教室に
元山梨学院短期大学保育科長の白川和治先生が来てくださいました。


まずは「力を抜いて歌うと良い声がでるよ」と教えていただき、両足を少し開いて立ち、肩の力を抜いてリラックス。
そして、青組(5歳児)になって歌い始めた「パンのマーチ(作詞:峰陽、作曲:小川寛興)」や、「へい!タンブリン(作詞: 吉岡治 、作曲:湯山昭)」をご指導いただきました。


曲調によって拍のとりかたが変わることを感じられるように、手や体でリズムをとったり、
歌詞の言葉をはっきり伝えらえるように、口をしっかり動かしたりすることを教えていただきました。

歌の合間には、「パンのマーチ」の歌詞の中に出てくるエジプトの話も先生がしてくださいました。
先生はエジプトに行かれたことがあるそうで、ピラミッドの高さやピラミッドの中の様子などを話してくださると、興味深そうに聴いていた子どもたち。
歌うことを楽しむだけでなく、歌詞の世界もイメージしながら、素敵な時間を過ごすことができたようです。

このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

卒園式

豆まき