赤組PYP探究ユニット「最初の一歩」

入園して2週間が経とうとしている赤組(3歳児)さん。
PYP探究ユニット「最初の一歩」が始まりました。(PYPについてはこちらをご覧ください)

このユニットは「私たちは誰なのか」という教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつ。
6週間かけて探究していくなかで
「新しい環境の中でも、安心できる場所、好きなことを見つけることができる」
ということを、実感を伴って理解していってほしいと思っています。(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

 この探究ユニットでは
・幼稚園ってどんなところだろう
・幼稚園の安心できる場所
・幼稚園で好きなこと
といったことを、子どもたちと一緒に探究していきます。

今日は、小さな探検隊になって幼稚園内を探検。
「どんなお部屋があるかな~」「出発進行!!」とワクワクした様子で出発しました。

まずは、保育室から・・・
お部屋の前へ行くたびに、「赤組さん、こんにちは」と、
黄組(4歳児)さんや青組(5歳児)さんが優しく迎えてくれました。


園庭を見ると、たくさんのお友達や保育者が遊んでいたので、「ヤッホー!!」と声をかけると
手を振ってもらって、みんなニコニコ。
こいのぼりも見つけて、「屋根よりたかいこいのぼ~り~♪」と歌を歌ったり、
「お空、気持ちいいですか?」と声をかけたりもしました。

そして、もも組(2歳児)さんの保育室をのぞき、
グリーンデッキを通ってスカイホールやオープンスペース、ライブラリーへも行きました。
スカイホールでは、高い天井に「気持ちいいね~」と寝転んでいた子どもたち。
オープンスペースでマネケンピスの像をみると
「幼稚園のうた」の歌詞にも「マネケンピス」が出てくることに気づき、
大きな人形の「ダンくん」には元気に挨拶をしていました。



ガラス越しにプールものぞいて、最後は自分たちのクラスへ戻ってくると
「(お部屋に)帰ってきた!」「探検楽しかったね!」と嬉しそうに話していました。

こうして、幼稚園にはたくさんのお友達がいて、いろいろな部屋や遊具があることを知ることができた様子。
子どもたちには、これから幼稚園で過ごしていくなかで、
活動範囲を広げたり、いろいろな遊具に挑戦したりしながら
「幼稚園の安心できる場所、好きなこと」をたくさん見つけていってほしいと思います。


このブログの人気の投稿

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー

全国学校給食週間