プーク人形劇鑑賞会

 

今日は「プーク人形劇鑑賞会」がありました。

昨年度に引き続き感染対策を行いながら、子ども達のみでの鑑賞とさせていただきました。

保護者の皆様には、ご理解ご協力いただきありがとうございました。


今年の人形劇作品は、「ふしぎな箱」「オカピぼうやのちいさなぼうけん」。

楽しい音楽に合わせていろいろな形に変わるふしぎな箱に、「すごい!」と大歓声。


事前に絵本で登場人物を知っていた子ども達は、オカピが登場すると「かわいい!」と大喜び。


そして、無事お母さんに会えると自然と拍手が起こり、

子どもたちはすっかりお話の世界に引き込まれているようでした。

最後は、幼稚園を代表して青組(5歳児)さんから花束贈呈(花束は保護者の会でご用意くださいました)。


面白いところで笑ったり、素敵なところでたくさん拍手をしたりしていた

子どもたちの様子がステージにも伝わっていたそうで、

劇団の方たちから「物語の楽しさを共感できているようでうれしかったです」と

お言葉をいただきました。

子どもたちは、幼稚園に戻ってきてからも余韻が冷めやらぬようで

「箱が不思議だった。触ってみたくなった。仕組みを知りたくなった。」

「世界の探究で知った絶滅危惧種のオカピにあえてうれしかった。」

「キリンの目がギョロっと動いておもしろかった。」

と興奮気味で話していました。

プーク人形劇団の皆様、今日は素敵な作品を演じていただき、ありがとうございました。


このブログの人気の投稿

着衣泳教室

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー