「サンタクロースごっこ」

 先週の金曜日に、サンタさんに会ったことが楽しかったようで、月曜日の朝、「サンタさん来たね!」「プレゼント開けたよ!」と、保育者に嬉しそうに話をしてくれたもも組(満3歳児・2歳児)さん。

もも組の保育室では昨日から、サンタクロースになりきった遊びがはじまりました。

段ボールのお家の中で、子どもたちが静かに眠っていると、「リンリンリンリン♪」と鈴の音…。


赤いサンタ帽子をかぶったサンタになりきった子どもたちが、段ボールのソリに、ぬいぐるみのプレゼントをたくさん積んで、よい子のお家にやってきました。


 「メリークリスマス!」と言いながら、一人ひとりにプレゼントを届けていました。

また、クリスマスケーキのお店やさんごっこや買ってきたケーキを机に並べて、クリスマスパーティーごっこも楽しそうにしていました。



そんな子どもたち。今日は、クラス活動の時間にも、サンタクロースになりきったゲームに挑戦しました。ソリに乗せたボールをサンタの帽子をかぶった2人で落とさずに運ぶゲームです。


途中には、マットのお山の障害物、ジグザグ道も…

楽しそうに、ボール運びをしていたもも組さんでした。

しばらくは、クリスマス気分での遊びが続いていきそうです。


このブログの人気の投稿

風で動くもの

赤組PYP探究ユニット「最初の一歩」

野球にちなんだ運動遊び