劇あそびを披露

PYP探究ユニット「劇あそび」をすすめている黄組(年中)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
 6週間かけて探究していくなかで
「お話は人々を魅了しメッセージを伝える」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。

来週の参観日を前に
「お客様に楽しんでみてもらいたい」と
表現の仕方を探究したり
背景画や身に着ける小物を製作したりしている子どもたち。
お話のペープサートをつくって遊んだり
お話の世界をイメージした飾りを家でつくって
持ってきてくれたりもしています。
先日は、衣装をつけ、お客様(園長先生)を招いて劇あそびを披露。
劇を終えると
「人にみられるのって緊張するね」
「でも楽しかったね」と、みてもらうことの喜びを感じたり
「どんなふうに体を動かしたら、壁にみえるかな」と
役になりきる表現方法をさらに考えたりしていた子どもたち。
参観日当日は、劇遊びの後に
おうちの方から感想を聞かせていただく時間や
子どもたちへのメッセージを書いてボードに貼っていただく場も設ける予定です。
早くおうちの方たちにみていただきたい!と
子どもたちは本番を心待ちにしているようですので
ぜひ楽しみにしていらしてください。

このブログの人気の投稿

植物の観察

保育参観

おすもう