PYP探究ユニット「秋・冬の自然」

 国際バカロレアPYP探究ユニット「秋・冬の自然」が始まった赤組(3歳児)さん。
(PYPについてはこちらをご覧ください)
このユニットは「世界はどのような仕組みになっているのか」という
教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつです。
8週間かけて探究していくなかで
「季節の移り変わりは、私たちの生活に影響する」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思っています。
(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、
中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

このユニットでは
・今の季節
・季節の移り変わり
・季節の移り変わりと私たちの生活
を、子どもたちとともに探究していきます。

先日の木の実拾いで見つけてきたたくさんのドングリや
落ち葉、木の実などを使って遊ぶことに夢中になっている子どもたち。

ドングリを薬に見立てて袋詰めや

皮をむいたり、すりつぶしたりして粉薬づくり
ペットボトルや容器にドングリを入れてマラカスをつくって合奏
アクセサリーづくりでは
カラフルなネックレスがたくさん出来上がっています。
たくさんのドングリの大きさや形を比べているうちに、
ドングリ虫を見つけて観察も始まりました。
園庭では、落ち葉や木の枝、実などを飾り付けたケーキをつくって
お誕生日ごっこをする姿も。
「ママが来たら、喜ぶかな」「メタセコイヤの指輪もプレゼントするんだー」
「(病院ごっこで)お腹がいたくならないお薬あげたいな」
「元気になる注射してあげたいの」など可愛らしい会話がたくさん聞こえてきて、
今週始まる「ダイナミックワールド保育参加」に、
お家の方が遊びに来てくれることを楽しみにしているようです。

このブログの人気の投稿

植物の観察

保育参観

たのしい音楽会