すくすこお出かけおはなし会

 赤組(3歳児)さんが、山梨日日新聞社・山梨放送による
「すくすこお出かけおはなし会」に参加しました。
この「おはなし会」は、民教協(公益財団法人・民間放送教育協会)の
「子ども・未来プロジェクト」読み聞かせ事業の一環として行われているそうです。
今日は、YBS山梨放送アナウンサー3名(櫻井和明アナウンサー、
和泉義治アナウンサー、森田絵美アナウンサー)が来園し、
絵本の読み聞かせをしてくださいました。

読んでいただいたのは、
「ねぇ、どれがいい?」 作/ジョン・バーニンガム、訳/まつかわまゆみ(評論社)
「とんでもない」 鈴木のりたけ(アリス館)
「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」作/長谷川義史(BL出版)
の3冊。
アナウンサーならではの美しい声に
すっかり引き込まれていた様子の子どもたち。
途中、アナウンサーの方々とやりとりをする場面では
元気いっぱいでした。
終わった後、感想を聞いてみると
「『ねぇ、どれがいい?』って選ぶのが楽しかった!」
「(『とんでもない』の絵本は)キリンの首が長くて、おもしろかった!」
「何回も『とんでもない』っていうところが楽しかった」
「『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』で
ひいひいひいひいひいひい・・・(おじいちゃん)っていうところが楽しかった!」
と嬉しそうに話していた子どもたち。
「きれいなお声だった!」「また読んでほしいな」
「アナウンサーの方、きれいだった」「かっこよかった」
という声もあがり、楽しい時間を過ごせたようです。


このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

卒園式

豆まき