劇発表を終えて

 PYP探究ユニット「劇あそび」をすすめてきた黄組(4歳児)さん。
(このユニットについてはこちらをご覧ください)
「お話は人々を魅了しメッセージを伝える」ということを、
実感を伴って理解していってほしいと思って
6週間探究してきました。

先日の学年末参観日では、みんなでつくり上げた劇遊びを発表し
おうちの方々から感想を書いていただきました。

「みている人を楽しませようとする気持ちがとっても伝わってきました」
「やさしい気持ちがたくさんつまった劇でした」
「仲間を大切に、命を大切に、というメッセージが伝わってきました」
「(青組さんの)オペレッタみたいでした」
などなど、たくさんの温かいお言葉をいただいた子どもたち。
「メッセージが伝わってうれしい!」
「(表現方法を)がんばって考えて良かった!」
と、とっても嬉しそうでした。
伝えたい思いを表現することができた喜びを味わえたようです。
保護者の皆様にはご協力いただき、ありがとうございました。


明日は赤組(3歳児)さんに劇を披露する予定で、
「こんな黄組になりたいって思ってもらえるように頑張りたいね」
「こんな劇をやりたいって思ってほしいね」
と、はりきっています。

そんな黄組(4歳児)さん。
今日はメモリアルホールへ行き
青組(5歳児)さんの卒園発表会のリハーサルをみてきました。
「声が大きくて上手だった!」「言葉を覚えてお話してすごかった」と
青組(5歳児)さんの発表をみて感動していた様子の子どもたち。
進級への期待が一段と膨らんだようです。

このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

豆まき

卒園式