空にらくがきかきたいな

 最近、「空にらくがきかきたいな(作詞:山上路夫、作曲:いずみたく)」という歌をクラスで歌っていて
「空にらくがき、してみたいなぁ」と想像をふくらませている青組(5歳児)さん。
今日はクレヨンと絵の具を使って歌の世界を表現してみることにしました。

まずは、白い画用紙に白いクレヨンで、虫や花、花火、自分が空を飛んでいるところ、歌の歌詞にでてくるものなど好きな絵を思い思いに描いて、その上を水色の絵の具で塗っていきました。


絵の具をチューブから出して水で溶く、という使い方を確認し、挑戦した子どもたち。


描いた絵が浮き上がってくると目を輝かせていて、「なんで絵が見えるんだろう?」
「クレヨンの(中に含まれている)油が水をはじくんだよね」「水より油が強いんだよ」とクレヨンの持つ性質に気づいた様子。

お友達の作品と見比べて、同じ水色でも濃さが違うことにも気づき
「水の量が違うと色が変わるのかも!!」と発見もあったようです。

青組(5歳児)になって初めて絵の具を使った子どもたち。
「ほかにもいろんな色がある!」「また使いたい!」と、意欲的な声もあがりました。
新しく使える画材が増え、きっと子どもたちの表現がさらに豊かになることと思います。

このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

卒園式

豆まき