運動会のお客様に伝えたい気持ち

 国際バカロレアPYP探究ユニット「みんなで表現しよう」をすすめている青組(5歳児)さん。(このユニットについてはこちらをご覧ください)
4週間かけて探究していくなかで
「ビジュアルイメージ(視覚的に表されているもの)はメッセージを伝える」ということを、実感を伴って理解していってほしいと思っています。

「言葉を使わないで気持ちや考えを伝える方法」にはどんなものがあるか考え、マーク、標識、ピクトグラムなどへの興味を広げてきた子どもたち。
今度は、「運動会来てくださったお客様に伝えたい気持ち」を、色や形を使って表現してみることにしました。
「リレーで友達と一緒に頑張るところを見てほしい」
「パラバルーンを見て嬉しい気持ちになってもらえるように頑張る」
「みんなと心を一つに頑張る気持ちを伝えたい」など色々な思いがでてきて、
子どもたちは、運動会に向けての活動を積み重ねるなかで、お客様に伝えたい気持ちをそれぞれ抱いていたようです。


「強い気持ちで走りたいから赤を使おう」
「大きいハート(の形)を描こう!心は一つだから」
「頑張っているみんなは輝いてるから、黄色で星を描いたよ」
と、自分の伝えたいメッセージをどんな色や形で表したらよいか、じっくりと考えて
とても素敵に仕上がりました。


出来上がった作品は、おうちの方にお渡しするプログラムの表紙にしました。
一つ一つの色や形に意味が込められていますので、
運動会前に、お子様とお話しをする時間を設けていただけたら、嬉しく思います。

また、子どもたちは、夏に行われた東京オリンピック・パラリンピックを通して
「頑張っている人を応援したい」という気持ちも膨らんでいった様子。
どんな時に応援したくなるか、みんなで考えたときには、
「誰かが何かを頑張っているときに応援したくなる」
「応援する人は優しい気持ちを持っていると思う」
などいろいろな意見が出てきました。
運動会最後のパラバルーンでは、そんな「応援の気持ち」をイメージしてつくったアームバンドをつけて表現します。楽しみにいらしてください。

いよいよ明日は、子どもたちがずっと楽しみにしてきた運動会。
保護者の方にご協力いただいた応援旗を嬉しそうに友達と見せ合ったり、振ってみたりする姿も見られ、
幼稚園最後の運動会を、友達と心を合わせてがんばろう!と、気合十分です。
明日はたくさんの応援を、どうぞよろしくお願いいたします。


このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

卒園式

豆まき