柔道場でスポーツデー

 スポーツデーで山梨学院樹徳館にある柔道場へ行ってきた黄組(4歳児)さん。
いつもは体育指導員としてスイミングを指導してくれているコーチや、本学柔道部の皆さんと一緒に体を動かしてきました。


柔道着姿で迎えてくれた皆さんの姿に「かっこいい!」「とっても強そう!」と目をキラキラさせていた子どもたち。
まずは、「柔道は礼が大切」と、「座礼」と「立礼」の仕方を教えていただき、お互いに礼を交わして始めました。

最初に “犬の動き”や“カエルの動き”など「身体を支える力」を使った運動。



そして次は、体を半回転させながらジャンプして前に進んでいく“忍者の動き”。
右回転と左回転を交互に繰り返していく動きで、この動きが“背負い投げ”につながるのだそうです。

実際に背負い投げも見せていただきました。
大きな体のお兄さんが軽々と持ち上げられた瞬間に「わぁっ!」と歓声が沸き、
その後の受け身をとった際にでた大きな音に「ビックリした!」「痛くないの?」「ちょっと怖い!」と、間近で見る柔道の動きに驚いていたようです。

“すり足”や“継ぎ足”という、畳から足の裏を離さない歩き方も教えていただきました。


帰り際、「楽しかった!!」「畳が柔らかくて気持ちよかった!」
「もっと柔道がしたい!」「また来れる?」と口々に話していた子どもたち。
楽しい時間はあっという間だったようです。
来週のスポーツデーも柔道場で行う予定。
次はどんなことを教えていただけるのか、今から楽しみです。

このブログの人気の投稿

高校サッカー全国優勝記念交流会

卒園式

ハロウィンパーティー