上田監督と走ろう!

 青組(5歳児)さんがスポーツデーで「川田未来の森運動公園」へ行き
本学陸上競技部の監督、部員のみなさんと一緒に体を動かしてきました。


まずはウォーミングアップ。
手足で違う動きをしたり、足を伸ばして座り腕を早く振ったり・・・


トラックランニングの前には
この公園のトラックは1周400mで、オリンピックの選手が走る競技場と同じ距離であることや、
箱根駅伝では一人20km走るので、このトラック50周分走ることなどを教えていただき
実際にお兄さんたちの走りも見せていただくと、
「速い!!」「すごい!!」と、子どもたちはそのスピードに圧倒されていたようでした。

そしていざ走ってみると・・・
スキップ、ギャロップなど、いろいろな動きを取り入れながら一周走り終える頃にはみんなヘトヘト。
「これ(このトラック)を何周もするお兄さんたちはすごいね」と話していた子どもたちです。


その後、箱根駅伝でこれまで実際に使われてきたタスキを見せていただいたり
タスキのつけ方や渡し方を教えていただき
クラスごとチームに分かれ、実際に走ってタスキをつないでみることに。


各チームにはお兄さんたちがついてくれて、
1回走り終わったら作戦会議をしてもう1度走ってみる、という流れを何度か繰り返しました。
「腕をたくさん振って走るといいよ」「タスキを受け取ったら、走りながら体にかけよう」
「誰に渡すか分かるように、次の人は手を振って待とう」 
と、速く走るコツやタスキのつなぎ方などを、たくさん教えていただき
「いいよ!どんどん上手になっているよ!!」と監督から声をかけていただくと
ますますはりきって走っていました。


幼稚園に戻ってきてからは、監督から
「強い体をつくるためには、なんでもよく食べることが大切だよ」
「いろいろなことに興味を持って好きなことを見つけていってください」とお話しいただいたり
監督という仕事について教えていただいたりして、真剣な表情で耳を傾けていた子どもたちです。

*文中の本法人教職員への敬語表現は、園児と同じ立場にたち使わせていただきました。

このブログの人気の投稿

着衣泳教室

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー