昔話の表現あそび

 PYP探究ユニット「ぼくたちわたしたちの住む日本」をすすめている赤組(3歳児)さん。(このユニットについてはこちらをご覧ください)
6週間かけて探究していくなかで、「日本には、昔から伝わる大事なものがある」ということを、実感を伴って理解していってほしいと思っています。

「おむすびころりん」や「ももたろう」「かさじぞう」「こぶとりじいさん」「つるのおんがえし」など、
日本の昔話にふれ、お話の登場人物になりきって遊んだり、音楽に合わせてしたりしてきた子どもたち。



お友達と表現遊びを見せ合い
「カニさんのポーズがかわいかった」「みんな、ダンスが楽しそうだった!」と、
すてきなところをお互いに振り返ったりもしました。

そして今日は、参観日でする『さるかに合戦』の音楽リズムを
園長先生や、他のクラスのお友達に披露しました。
お客様を招くのは初めてで、ちょっとドキドキしている姿もみられましたが
始まると楽しそうに表現していて、お客様にみてもらう喜びを味わうことができた様子。

参観日は今週末。子どもたちは、『さるかに合戦』をイメージして、役ごとのお面やおにぎりなどをつくったり
「今度、お客さんを呼ぶ?」「何の役をしようかな~」と話したりしていて
おうちの方にみていただくのを楽しみにしているようです。



このブログの人気の投稿

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー

全国学校給食週間