青組を送る会

 今日は「青組を送る会」。
PYP探究ユニット「人との関わり」(このユニットについてはこちらをご覧ください)の一環で、黄組(4歳児)さんが中心になって
「ありがとうの気持ちを伝えたい!」
「青組(5歳児)さんに喜んでもらえるようにしよう!」
と計画してきました。

黄組(4歳児)、赤組(3歳児)、もも組(満3歳児・2歳児)さんが園庭に集まり、青組(5歳児)を拍手で迎えて会がスタート。


まずは黄組(4歳児)が、「ありがとう」の気持ちを絵にした「ありがとうカード」を披露。
この「ありがとうカード」は、子どもたちが「どうしたらありがとうの気持ちが伝わるのか」と考え、
「絵ならみんなが描けるね!」と青組さんへの気持ちを絵に表したもの。
子どもたちは「青組さんに気持ちが届くように」という思いを込めて、一生懸命カードを掲げていました。



そして、黄組(4歳児)、赤組(3歳児)、もも組(満3歳児・2歳児)さんみんなで
「ありがとうの花」を歌い

青組(5歳児)さんがオペレッタで演じた「11ぴきのネコ」をイメージして、ネコ柄の折り紙でつくった「ブックマーク」もプレゼントしました。


最後は青組(5歳児)さんからも歌を贈り、みんなで集まる会は終了です。

保育室に戻ったら、クラスごとに「宝さがし」。
隠された宝のキャンディを夢中になって探し、見つけると「あった!!」と嬉しそうに見せてくれました。



今日の会を企画した黄組(4歳児)さんは、何日も前からこの日を楽しみに準備してきました。
会が無事に終わり「ありがとうの気持ちが伝わったことが分かってよかった!」
「夢のような時間だった!」と嬉しそうに話していて
「今度は僕たちが青組(5歳児)だね」
「少し難しいことにもチャレンジできる青組(5歳児)になりたい」
「サッカーや逆上がりを教えてあげたい」「オペレッタをがんばりたい」
と「自分がなりたい青組(5歳児)の姿」を思い描くこともできたようです。

このブログの人気の投稿

着衣泳教室

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー