給食開始


 2022年度最初のメニューは

わかめごはん、ボイルウインナー、大根と豚肉のきんぴら、

春キャベツとわかめのすまし汁、いちご、牛乳


新しいクラスのお友達と一緒に嬉しそうに食べたり、

はりきっておかわりをしたりしていた子どもたち。

赤組(3歳児)のクラスでは、食べられるものをそれぞれのペースで食べる姿もみられました。





食事前の手洗い・消毒、机の上にパーテーションをたてる、

食事をするとき以外はマスクをする、保育者はきれいなエプロンに取り替えてから配膳する

など、給食の時間も感染防止につとめています。


今年度も、子どもたちの食への興味がより広がるように

管理栄養士と栄養教諭が保育室を毎日回り

その日のメニューや食べ物にまつわる話をしていく予定です。

また、感染の心配が続くなか、少しでも子どもたちが楽しく給食の時間を過ごせるようなメニューも

考えていきたいと思っています。

一年間、どうぞよろしくお願いいたします。


このブログの人気の投稿

着衣泳教室

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー