小学校探検

 山梨学院小学校へ行った青組(5歳児)さん。

PYP探究ユニット「いろいろな国」が始まり、世界の国々への興味が広がってきている子どもたちに本短期大学専攻科保育専攻の学生が、授業の一環として企画・準備してくれたゲームに挑戦してきました。

探検隊のお兄さんお姉さんたちと一緒に探検することになった子どもたち。

グループに分かれてカードを受け取り、6つあるうちの3つのブースでシールを集めたら探検終了、というルールでした。


「ボール運びゲーム」では、「いろいろな国のハンター」のお手伝い。

二人1組で棒を持ち風船を運んで、ワニがいる川、高い木などを越えていきました。


「ふくわらい」ブースでは、お面博物館のお面が地震で壊れてしまったので、お面を完成させることに。

「面白い顔になった!」と子どもたちは楽しんでいるようでした。


「輪投げ」ブースでは、いろいろな国の動物を輪投げでハント。


「体験型ブース」では、ランタンまつり、ホーリーまつりなど、

世界のいろいろなお祭りにちなんだ映像をみたりしました。



スポーツ館では、「食べ物運び」ゲーム。

日本のおにぎり、イタリアのピザ、イギリスのドーナツ、中国の小籠包など

いろいろな国の有名な食べ物を、それぞれの国の人形の口へ運んでいきました。




「リバーシ」ゲームでは、チームに分かれ、

自分のチームの国旗のカードを制限時間内にたくさんひっくり返したほうが勝ち、というゲームに挑戦し

夢中になってカードをひっくり返していました。



こうして無事にシールを集め、


メダルをプレゼントしてもらうとみんな大喜び。



子どもたちは、小学校で楽しく活動することができたようです。

このブログの人気の投稿

着衣泳教室

たのしい音楽会

ハロウィンパーティー