もも組・赤組の学年末参観日

今日は、もも組(満3歳児・2歳児)、赤組(3歳児)の学年末参観日。
おうちの方々に、子どもたちの表現遊びや音楽リズムをみていただきました。

もも組(満3歳児・2歳児)は、「てぶくろ」(ウクライナ民話)の表現遊び。
動物になりきった子どもたちがピアノに合わせて登場し
「入れて」「いいよ」と言葉の掛け合いも楽しみながら表現していました。
最後にはたくさん拍手をもらってとても嬉しそうだった子どもたちです。



赤組(3歳児)さんは「ももたろう(日本昔話)」の音楽リズム。
今まで色々な役になりきって遊んできた子どもたちは、今日も「役決め」からスタートしました。
「昨日からこの役って決めてたんだ!」「今までやったことない役をやりたい」と役を決めてきた子、
やりたい子が少ない役のところに「じゃぁこっち(の役)にしよう」と他の役から移る子など、
役決めの過程は様々でしたが、最後にはそれぞれ好きな役を選ぶことができたようです。

そして音楽リズムが始まると、明るい雰囲気のなかとても楽しそうに
台詞を言ったり身体を動かしたりしていました。


今日はいつもと違った環境で、緊張する姿もみられましたが、表現する楽しさも味わっていた様子。
参観日を通じて、おうちの方々に子どもたちの成長を感じていただけたら嬉しく思います。
ご来園くださった皆様、ありがとうございました。

このブログの人気の投稿

風で動くもの

赤組PYP探究ユニット「最初の一歩」

野球にちなんだ運動遊び