お話の表現あそび

 冬のお話「てぶくろ」に出てくる動物のペープサートをつくって遊んでいたもも組(満3歳児・2歳児)さん。

ペープサートを動かしながら、お話に出てくる歌を口ずさんだり、
「入れて」「いいよ」と言葉のやり取りをしたり・・・


ぬいぐるみや、「犬になりたい」とお面をつけた子も仲間入り。


「おなかがすいたね」「レストランで食べよう」「あったかいおにぎりどうぞ」
と、レストランごっこへと遊びが広がっていきました。

みんなでお話に出てくる動物にも変身。
ピアノの音に合わせて、ウサギやクマになって体を動かしました。

給食の前には園庭へ。
あたたかい日差しをあびながら、思い思いに遊んでいた子どもたちです。


このブログの人気の投稿

風で動くもの

赤組PYP探究ユニット「最初の一歩」

野球にちなんだ運動遊び