PYP探究ユニット「人との関わり」

 PYP探究ユニット「人との関わり」をすすめている黄組(4歳児)さん(PYPについてはこちらをご覧ください)。
このユニットは「私たちは誰なのか」という教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつ。
「幸せは人と人との関係に影響されている」ということを、実感を伴って理解していってほしいと思っています。
(PYPでは、こうした探究の末、子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

 この探究ユニットでは
・人間関係が私たちに与える影響(友達にしてもらって嬉しかったこと。友達にして喜ばれたこと)
・よりよい人間関係をつくるための私たちの行動(自分がなりたいと思う青組の姿)
を、子どもたちとともに探究していきます。

先週まで、PYP探究ユニット「劇あそび」をすすめていた黄組(4歳児)さん。



今日は、お友達と役を交換しながら「劇あそび」を楽しみました。



お友達のセリフや動きをよく覚えていて保育者はびっくり!!
「みんな、来年のオペレッタ楽しみだね~」と声をかけると
「青組さんみたいにできるかな?」「できるよ!もうすぐ青組さんになるんだよ」
という言葉が返ってきました。
「青組さんは、もう小学校行くんだよ」「そう1年生になるんだよ」という声もあがり、
今度は自分たちが青組(5歳児)さんになることを意識しているようです。

進級を前に、これまでたくさん遊んでもらった青組(5歳児)さんに「してもらって嬉しかったこと」を思い返してみると・・・
「手をつないでくれて嬉しかった」「鉄棒を教えてもらったこと!」
「サッカーを一緒にしてくれた」「困っている時、“大丈夫?”って言ってくれたこと」
「泣いていた時、頭なでなでしてくれた。背中もすりすりしてくれて嬉しかった」
など、 たくさんの「してもらって嬉しかったこと」が出てきました。

そして、青組(5歳児)さんに“感謝の気持ちを伝えたい”
“感謝の気持ちを伝える会をプレゼントしよう”と
「青組を送る会」の企画をすることに。
「どうしたら、“ありがとう”の気持ちが伝わるかな」「どうやって伝えようか?」
「小学校へ行っても“がんばって~”って、応援したい」と考え、
みんなでアイデアを出し合っています。


「“かっこいい一年生になってね”って伝えたい」
「“ありがとう”の気持ちをカードにしたい」
「折り紙を折ってプレゼントしたい!」「がんばれるお歌をうたう」・・・
などなどたくさんのアイデアが出ていて、すてきな「青組を送る会」が開けそうです。

このブログの人気の投稿

風で動くもの

卒園発表会

野球にちなんだ運動遊び