青組運動会

卒園まであとわずかとなった青組(5歳児)さん。
先日、卒園までにしたいことは何か尋ねると、
「スペシャルデーの花火、もう一度見たいな~」「広いところで鬼ごっこしたい」
「サッカー場に行ってもう一度サッカーしたい」「お花見したい」「遠足に行きたい」
「(退職した)〇〇先生に会いたい」「音感教室したい」「思い出に残るものをつくりたい」などなどたくさんの意見が出ました。
そして、梅の花を見たお花見、遠足気分で食べた最後のお弁当の日、会いたい先生と遊ぶなど、少しずつ実現しています。




今日はずっと前からの子どもたちの願いだった「運動会をしたい!」を実現しました。
「自分たちで運動会をしたい」「先生たちはお客さんをしてほしい」という意見が出たので、
今回は子どもたちが準備と進行を行うことに・・・
運動会を開催するためにはどんなことをするのか、実際に担当した保育者から話を聞き、
看板やお知らせをつくったり、司会文やリレーで走る順番を考えたり、
金メダルを学年の人数分用意したり・・・
みんなで分担しながら準備をしました。


お知らせができあがると、それを持って園長先生のところへ行き「挨拶をしてください」とお願いし、

リレーとパラバルーンをするために必要な準備物を自分たちで考え、
それを会場まで運ぶこともしていました。

そして、いよいよ本番。「あおぐみ うんどうかい」のスタートです。
「はじめのことば」から始まり、怪我をしないように準備体操をしたら、


プログラム1番、パラバルーンです。
久しぶりにみんなで行うパラバルーンに、笑顔が絶えませんでした。


プログラム2番はリレー。
秋の運動会で勝てなかったクラスは、今度こそ勝ちたいと意気込んで臨み、今回も大盛り上がりでした。

そして最後は、園長先生のお話を聞いて、みんなで準備した金メダルをもらうことができました。

今回の子どもたちの姿から、体も心もたくましく成長した様子がうかがえ、とても嬉しく感じました。
この経験が、これからどんなことも乗り越える力につながってほしいと願うとともに、
新たなことに挑戦する子どもたちを、応援し続けたいと思います。


このブログの人気の投稿

風で動くもの

赤組PYP探究ユニット「最初の一歩」

野球にちなんだ運動遊び