赤組PYP探究ユニット「最初の一歩」

入園して1週間ほど経って、少しずつ、園生活に慣れてきた様子の赤組(3歳児)さん。
笑顔がたくさん見られるようになってきました。
朝の身支度を済ませると、おままごとや戸外の遊具、オープンスペースのスポンジブロックなど、
思い思いに好きな遊びを見つけて遊びだしています。




そんな赤組(3歳児)さんでは、PYP探究ユニット「最初の一歩」が始まりました。
(PYPについてはこちらをご覧ください)
このユニットは「私たちは誰なのか」という教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつ。
10週間かけて探究していくなかで
「新しい環境の中でも、安心できる場所、好きなことを見つけることができる」
ということを、実感を伴って理解していってほしいと思っています。
(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、
中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)
 
この探究ユニットでは
・幼稚園ってどんなところだろう
・幼稚園の安心できる場所
・幼稚園でする好きなこと
といったことを、子どもたちと一緒に探究していきます。

今日は、クラスのお友達と一緒に幼稚園内を探検。
「出発~進行~!」

友達と一緒に電車をつくって廊下を進んでいくと…


黄組(4歳児)さんや青組(5歳児)さんが「こんにちは~」と声をかけてくれました。
「何組さんですか?」と声をかけられると「赤の〇組です!!」と元気いっぱい答えていた子どもたち。
「今度遊びに来ていいよ!」と優しい言葉もかけてもらいました。

そして、もも組(満3歳児・2歳児)さんのお部屋の前を通って、グリーンデッキへ。
その先には、オープンスペース、スカイホール、ライブラリーがあり、
「ようちえんの歌」に出てくる「マネケンピス」の像も発見。

スカイホールへ入ると、「ここ、パパとママときたことある!」と、
入園式をしたところだと覚えている子も。
天井が高くて広い空間で、ごろごろ横になったり、ピアノの音に合わせて歩いたり踊ったりしました。
ライブラリーでは、たくさんの絵本を前にわくわくした様子の子どもたち。
上履きを脱いで入り、好きな絵本を見つけて読んだり、保育者に絵本を読んでもらったりして過ごしました。

最後に、赤組側のグリーンデッキからガラス越しにプールを発見!! 
「プールもあるんだね!早く入りたーい!」と、みんなで可愛らしく中を覗き込んでいました。

幼稚園のいろいろな場所へ探検に出かけ、いろいろなお部屋があること、
たくさんのお兄さんお姉さんや先生たちがいることなどを知った赤組(3歳児)さん。
今度は、園庭探検や園の周り探検にも出かけ、
もっともっと幼稚園のことを知っていってほしいと思います。



このブログの人気の投稿

風で動くもの

野球にちなんだ運動遊び