かけっこ、ダンスに挑戦!

PYP探究ユニット「伝えよう(運動会)」をすすめている赤組(3歳児)さん。(このユニットについてはこちらをご覧ください)

このユニットは、10の「IB学習者像(Learner Profile)」(「IBプログラムを通じてこういう人になろう!」と掲げられたもの)のうち
「挑戦する人」「振り返りができる人」という2つを
特に大切にしながら取り組んでいます。

今日は、赤組(3歳児)さんのスポーツデー。
3連休明けですが、体操服を着て元気に登園してきた子どもたち。
まずは、「かけっこ」に挑戦!!
ラインから足が出ないように並ぶこと、走る用意のポーズをとること、
まっすぐ走ること、ゴールテープをきって走りきることなど、
かけっこの約束事を確認しながら、笛の合図に合わせて元気よく走りました。




「どうやったら、もっと早く走れるのかな・・・」と、走った後には、みんなで振り返り。
「足をいっぱい動かして走る!」「“ヨーイ”の時に、足をまげて前を向いてポーズをとる!」
「ゴールまで、元気に楽しい気持ちで走る!」など、いろいろな意見が出てきました。

続いては「ダンス」!!
友達と一緒に円をつくったり、1学期に川上琴美先生(元短期大学保育科教授)から教えていただいた
「空間形成」を意識しながら、友達とぶつからない場所を見つけて踊ったりすることにも挑戦中です。


ダンスの途中には、一人ひとりが考えた「元気の出るポーズ」を決めるところもあり、
どんなポーズにしようか考え、友達とポーズを見せ合ったりもしています。


「手を大きく動かして踊る!」「みんなでお丸(円)をつくるときには、手を離さない!」
「ニコニコのお顔で踊るといいと思う!」など、
見ている人に伝わるダンスをしようと、意見を出し合っています。

子どもたちから出た意見が次に繋がるように、
クラスの「振り返りボード」にメモを貼ることもはじめている赤組(3歳児)さん。
日に日に、メモが増えてきています!


こうしてたくさんの挑戦、振り返りをしながら、
初めての運動会を楽しみに迎えてほしいと思っています。

このブログの人気の投稿

風で動くもの

赤組PYP探究ユニット「最初の一歩」

野球にちなんだ運動遊び